ホーム > 工法紹介 > デザインUフレーム工法

デザインUフレーム工法

  • 工法概要
  • 構造性能評価実験
  • 仕様一覧

デザインUフレーム工法、外観デザイン、スレンダーな補強部材、居ながら補強、ローコスト、フレキシブル

特長

デザインUフレーム工法は、既存の鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造架構の外側に鉄筋コンクリート造の補強フレームを接合する耐震補強工法です。

外付け型で、ブレース(筋交い)を用いないフレーム(柱・梁)による補強のため、建物を使用しながらの工事(居ながら工事)を必要とし、バルコニーへの出入り、窓からの採光および外観デザインを大切にするマンション、ホテル、商業施設、病院および事務所ビル等に最適です。

補強タイプには「増設フレーム補強型」と「新設フレーム補強型」の2つのタイプがあり、既存建物の形状にあわせて補強タイプの選択が可能です。

増設フレーム補強型 既存建物の外面に接して鉄筋コンクリート造のフレームを増設するタイプ
新設フレーム補強型 既存架構の外側に基礎を有する自立型の鉄筋コンクリート造のフレームを新設し、
既存架構と新設フレームとを新設のバルコニーで接合するタイプ

増設および新設フレームの柱梁接合部を工法専用の高強度のプレミックスポリマーセメントモルタル「クロスハード」とすることで、高強度の主筋(SD390およびSD490)の使用が可能となり、スレンダーな柱梁断面で耐力を確保できます。また、柱梁部材には普通コンクリート(Fc=21~48N/mm2)を使用することでコストを軽減しています。現場打ち鉄筋コンクリート造フレームであるため、自由な補強部材断面で様々な建物に 適した設計ができ、大型重機の進入・据付が困難な場所でも施工が可能です。

増設フレーム補強型

図:増設フレーム補強型図:増設フレーム補強型

新設フレーム補強型

図:新設フレーム補強型図:新設フレーム補強型

ページトップへ

耐力の比較

耐力の比較 一般的なRC造(Fc=21N/mm2 デザインUフレーム工法
柱梁接合部 普通コンクリート Fc=21N/mm2 クロスハード Fc=60N/mm2
柱配筋 *1 引張主筋 D25(SD345)[Tu=192KN] D29(SD490)[Tu=330KN]
Tu:鉄筋1本の引張抵抗力(設計値)
せん断補強筋 D13(SD295A)[Tu=37KN] U12.6(SBPD1275)[Tu=159KN]
柱断面 引張主筋6-D25
図:引張主筋6-D25(SD345)
引張主筋6-D29(SD490)
図:引張主筋6-D29(SD490)
柱1本の耐力*2 Qu=550kN Qu=950kN
耐力比 1.00 1.72

*1 柱の主筋は、梁せいを700㎜としRC規準2010の通し配筋制限より設定。

*2 柱の耐力は、柱軸力=0、柱内法高さ2.0m、柱脚柱頭が曲げ降伏するとして算定。

ページトップへ

「デザインUフレーム」施工イメージ

図:「デザインUフレーム」施工イメージ

ページトップへ