ホーム > 工法紹介 > デザインUフレーム工法

デザインUフレーム工法

  • 工法概要
  • 構造性能評価実験
  • 仕様一覧

「デザインUフレーム」および「クロスハード」仕様一覧

デザインUフレーム工法

既存建物の適用範囲 コンクリート強度13.5N/mm2以上かつ設計基準強度の3/4倍以上のRC造およびSRC造建物
補強フレームタイプ 増設フレーム補強型および新設フレーム補強型
補強フレームの仕様 コンクリート 普通コンクリート Fc=21N/mm2~48N/mm2
鉄筋 SD295A、SD345、SD390、SD490、高強度せん断補強筋
鉄筋継手 重ね継手、ガス圧接継手、機械式継手
接合部モルタル デザインUフレーム専用高強度ポリマーセメントモルタル「クロスハード」
(ポリマーセメント比4%以下、爆裂防止に有効な有機繊維混入)設計基準強度 60N/mm2
あと施工アンカー 接着系アンカー(SD295A、SD345)
有効埋込長 せん断伝達アンカー:10da以上、引張伝達アンカー:12da以上
技術評価取得外付け用アンカー

デザインUフレーム専用 高強度ポリマーセメントモルタル クロスハード

混練水比 14.4~17.2%
コンシステンシー 静的フロー値210±40mm (簡易テーブルフロー試験で管理する。)
ブリーディング率 0%(2時間後)
凝結時間 始発:1時間以上 終結:10時間以内
膨張率 材齢7日 収縮しないこと
圧縮強度 材齢28日 60N/mm2以上

ページトップへ